よりよく生きたい

キャリアや職業を考える & キャリアコンサルタント試験対策のブログです。キャリアと向き合ってよりよく生きたい!

よりよく生きたい

え、そんなのアリ?な超簡単・逐語録の起こし方テク【キャリコン試験対策】

逐語録作成に苦戦

はじめに

キャリコン試験勉強中の皆様、本日もお疲れ様です!

学科関連・実技関連含め、学習内容は数々ありますが、皆一度は通る道がロールプレイの逐語録作成です。
逐語録、つまり文字起こしテープ起こしです。
(いまどきテープなんて言わないかしら)

養成講習の中で最低1回は逐語録を作成する機会がありますので、キャリアコンサルタントの学習において避けては通れない道のひとつです。
  
そこで今日ご紹介したいのは……
 
マネするかしないかはあなた次第
超強攻策
ラクラク逐語録作成テクニックです。
 

逐語録作成は超大変!

逐語録の作成。またこれが、やってみて初めてわかる大変さ…。
10分間の逐語を起こそうとすると、かなりの時間と労力がかかります。

キャリアコンサルティングのロープレは、会議記録のようなものと違って「あ~」とか「ええ」などの相づちや間合い、沈黙何秒間、ということも逐一記録していく必要がある、というのもまた時間がかかる要因です。
キーボード入力の習慣がない!得意じゃない!という方にとってはなお大変な作業だと思います。
 
録音を聞いて、自分で文字を手入力をすることで気がつく部分もあるのですが
最も大切なのは、文字に起こした後にその記録を見て振り返りをすること、次に生かすこと。

できることなら、文字入力それ自体に労力は掛けたくないのではないでしょうか。
 

手法大公開

ズバリその方法は…
スマホの音声入力アプリに無理やり読み取らせるという方法です。
 
手入力作業をできるだけカット。音声をそのまま文字にしてしまいます。
 

具体的なやり方

簡単3ステップ!!
 
①スマホに任意の音声入力アプリをインストールします。
 iphoneの方は、インストールの必要なし。標準機能で搭載されている音声入力を使うのがおすすめです。

iphoneの音声入力ボタン

 これです。

 使ったことがないという方は、一度ポチっと押して何か喋ってみましょう。
 
②ロープレの録音音源とイヤホン(ヘッドフォン)を用意し、スマホで音声入力画面を立ち上げスタンバイします。
 
ロープレの内容を聞き、それを復唱します。
 音源そのものではなく、自分が読み上げた声を音声入力アプリに読み取らせるのです。

音声を聞いて読み上げる

こういうことです
 
そして最後に、(沈黙〇秒)という記載や、「……」などの記号類、うまく文字化できていない部分を書き足して調整すれば完成です。
 
ええ!?そんなやり方…!?と思われたことでしょう。
 
しかし、タイピング速度に自信がある方以外は、普通に手入力していくよりもいくぶん早くできること請け合い。
 
本当は、自分が読み上げるなどということはせず、録音音源をそのままアプリに読み取らせたいところです。
しかしそのままでは、雑音が多かったり、言い淀んでいるような部分がうまく文字化されません。
いくつかのアプリを試しましたが、ほとんど文章になりません……。(うまくできるものがあったら教えてほしい)
 
そのため、この「読み上げる(復唱)」が最善なのです。
 

うまく文字化させるコツ

①ハキハキと読み上げる
②周囲に雑音が無い環境で作業する
 
この2点さえ守れれば、かなりの精度で文字化ができます。

メリット

①コツをつかめば高い精度かつ圧倒的スピードで逐語録作成が進む
②レコーダーを止めて、打って、また再生、のストレスから解消される
 
ここは個人差が大きいと思いますが、「音源を止めたり打ったりが面倒でたまらない……」という方は、一度試していただく価値ありだと思います。
 

デメリット

①ロープレをスマホのレコーダー機能で録音している場合には、できない
②雑音がなく、声を出せる環境でないと作業できない
③滑舌に自信のない方には不向き(正確に文字化されない)
 
これ、スマホとは別に録音用の端末を持っていない方にとっては①が最大級のデメリットです。(というか実践できません、すみません……)
 
 「ICレコーダー」が無くとも、iPodやタブレット端末など、ボイスメモが使える端末はいくつかあります。持っていないけどやってみたいよ~!という方は、今一度ご自身の持ち物の中で、「ロープレ録音用」と「音声入力アプリ用」の端末をそれぞれ用意できるかどうか見てみてください!
 

最後に:少しでもキャリコン勉強が楽になれば

いかがでしょうか。

超邪道&強攻策のため、万人にお勧めするわけではありません。
やってみた結果、「全然効率的じゃないよ!手で打ち込んだ方が早いわ!!」と思われる方もいるかもしれません。
しかしながら、他の勉強に手が回らなくなるほどとっても大変……!と思っている方への、ちょっとしたヒントになればと思います。
 
ゆえに……
試すか試さないかは、あなた次第!

「あ、なんか良さそう!」と思ったら、試してみてくださいね!
© 2018 Ayaka Sasaki