よりよく生きたい

キャリアや職業を考える & キャリアコンサルタント試験対策のブログです。キャリアと向き合ってよりよく生きたい!

よりよく生きたい

キャリコン資格取得を考えている方へ。養成機関のHPには良いことしか書いてないぞ。

資格取得に夢を見る

 

はじめに

キャリアコンサルタント資格に興味があり、受験を検討している皆様へ。

資格の特徴、資格を取って活躍している人のこと……知るほど夢が広がりますよね!
 
が!
伝えたいことがある!
 
養成機関のHPには良いことしか書いてないぞ!!
 
※資格が無益なものだと言いたいわけでは断じてありません。
 私自身は心から素晴らしい資格とスキルだと思っています。

伝えたいことは、
キャリアコンサルタントとして活動するのであれば 
その活動の仕方と現状について、いい部分もそうでない部分も含めたリアルを知っておいた方がいいよ!!ということです。

デメリットを知らず理想ばかりふくらみ、いざ現場に出ようとした時に「思っていたのと違う!!」となっては、ショックを受けるのは自分自身だからです。
この資格以外の物事についても言えることです。

というわけで、気を付けて頂きたい事項を記していきます。

 

キャリコン資格の「リアル」を知ろう

国家資格です!
 国も、キャリアコンサルタントを増やし活躍の場を増やそうとしています!」と聞くと
なんだかすごそうな感じがするけれど
 
資格を取ったからといって
転職にものすごく有利か?
絶対にすばらしい職務経歴になるか?
 
というと、現状、そうではないよなぁ~という感覚が正直なところです。
 
専門職といえば専門職なのですが、医者や弁護士のように業務独占資格(=その資格を持っていないと業務ができない資格のこと)ではありませんし、潜在的なニーズはあるかもしれないけども目立った求人はない……というのが現状です。


 「売る側」が良いことしか書かないのは当たり前

「そうなの?
 なんか、スクールのHP見ると、転職成功したり、活躍してる人がいっぱいいるみたいなのになぁ…」
って?
 
そりゃそうですよ。
ちょっと語弊がありますが、
「お金を払って講習を受けてほしい」、つまり講習を売っているのですから
良いことしか書きません。
なんかうまくいってる人のことしか載せません。
 
売り出したい商品のHPに、「値段はちょっと高めです」って書きますか?
大学のパンフレットに、学生生活になじめなくて退学してしまった人の声を載せますか?
求人のページに、「先月は〇人退職したので中途募集です!」って載せますか? 

載せません!!(食い気味)

これは正しいとか間違ってるとかでなく、当たり前のことだと思います。
どんなものにもデメリットはあります。イマイチな点もあります。
ただ、「売ってる側」はわざわざマイナス面の宣伝はしません。ただそれだけのことです。
 
ここで何が大切かというと、選ぶ側の我々自身がきちんと情報を得てきちんと判断していくことだと思います。
かっこよく言うとリテラシーです。
 
別に押し売りではないのだから、やるかやらないかは自分の判断次第。
 
いろいろなところから情報を集めて、

自分が期待するものは何か?
それに対して現状は?
求めるものに見合っているのか?
など、総合的に考えねばなりません。

キャリアコンサルタントという肩書きで、 黙っていても仕事があるかというと無い。
稼げるかというとそんなこともない。
社会的評価が高いかというと、まだ知名度も低い……。
そういったプラスでない現状も知り、受け止めていきましょう。
その上でなお、資格取得を目指したい人が目指せばよいのです。
 
そういった情報収集を怠って、あとから
資格取ったけど全然役に立たない!取るだけ無駄!!
などと、資格自体の地位を乏しめることを声高に言うのは……

うーん。

理想と違って、悔しい気持ちはわかるけど!

資格の存在自体を攻撃しても、どうにもなりませんね

せっかくキャリア支援に興味をお持ちなのですから、まだまだ発展途上のこのキャリアコンサルタントという資格について批判するのではなく
働き方、活躍の場、将来を前向きに考えていきませんか?

少なくとも私は、資格が"使える"、"使えない"、という議論とはまた別の位置にいたいと思います。

もしあなたが養成講習のHPを見て、胸いっぱいに夢が広がっているとしたら、ここで一度立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。


※当ブログは、資格取得を考える方に、「養成機関のHPには載っていないリアルの情報を届ける媒体」でありたいと思っています。

今後ともよろしくお願いいたします!

 

© 2018 Ayaka Sasaki